>  > ★色番号塗装発送フロントハーフ【エクスクルージブ ゼウス】セレナ 【 GRACE LINE 】 フロントハーフスポイラー QX1塗装済品 SERENA (C25) 20S.20G MC後 2007/12 - 2010/10

★色番号塗装発送フロントハーフ【エクスクルージブ ゼウス】セレナ 【 GRACE LINE 】 フロントハーフスポイラー QX1塗装済品 SERENA (C25) 20S.20G MC後 2007/12 - 2010/10



★色番号塗装発送フロントハーフ【エクスクルージブ ゼウス】セレナ 【 GRACE LINE 】 フロントハーフスポイラー QX1塗装済品 SERENA (C25) 4WD 20S.20G MC後 ハッカペリッタ 2007/12 - 2010/10

QX1塗装済品 MC後 SERENA - ゼウス】セレナ 】 ★色番号塗装発送フロントハーフ【エクスクルージブ GRACE 2007/12 2010/10 【 (C25) LINE 20S.20G フロントハーフスポイラー MC後 (C25)

   A5判/並製/352頁

   定価:2,500円+税

   ISBN978-900354-91-3

◆著者 ウァルデマール・キッペス Waldemar Kippes

     NPO法人 臨床パストラル教育研究センター理事長

  <内容>

Prologue 人生の確かな保障とは

Chapter1 スピリット・スピリチュアリティ・スピリチュアルライフ

Chapter2 スピリチュアルな痛み

Chapter3 スピリチュアルケア

Chapter4 スピリチュアルケアの実践

Chapter5 医師や信仰/宗教によるスピリチュアルな痛み

Chapter6 将来に向かってスピリチュアルな痛みからの解放

申込書をダウンロード

AMAZONでのご注文

読者からの感想

「スピリチュアルな痛み」の感想

南條光彦氏

 「スピリチュアルな痛み」の根本的原因は、“人間は、基本的に「受け取る存在」”というどうしようもない事実にある。これが本書を読んで最も強く感じたことである。 生まれること、子供を授かること、仕事を得ること、病を得ること、そして死ぬこと。 人間とは、無力であり、すべての事を受容し生きていかざるを得ない存在なのは確かだ。ならば、全ての人間が「スピリチュアルな痛み」を持つ可能性があるということになる。  この11月に私の父が亡くなった。享年87。大正12年に生まれ、尋常小学校を終えて果物問屋へ奉公にでた 【送料無料】 215/50R17 17インチ BIGWAY ビッグウエイ TRG GB10 7J 7.00-17 SAFFIRO サフィーロ SF5000(限定) サマータイヤ ホイール4本セット フジコーポレーション。その後戦場への召集。自分の店を開いた直後の結核罹患。治癒してからの商売の成功と2度の大きな交通事故 18インチ サマータイヤ セット【適応車種:ウィッシュ(20系 Zグレード)】HOT STUFF ラフィット LE-03 ブラックポリッシュ 7.5Jx18ADVAN ネオバAD08R 225/40R18。禍福を全て受け入れて生き通した87年であった。  数年前から父は“もう駄目だ、何がなんだかわからない”と繰り返すようになった 【NHP10 アクア ノブレッセ】アクア NHP10 ハーフエアロ フロント/サイド/リア 3点SET ブラック塗り分け。高齢者特有の鬱症状から、健康不安が日に日に増してのことだった。「特に異常はない」と医師に言われながらも、迷惑そうな看護師たちを余所に父は毎日病院に通った。それが唯一の父の安心材料だったのだろう。  亡くなる5ヶ月前、肺炎を得て入院。一番安心なハズの病院でも父は最期まで健康不安を訴え続けた。“もう駄目だ、何がなんだかわからない”その声がいまも耳に残っている。  本書では「スピリチュアルな痛み」とは、「人間(自分自身)を含む存在そのものの意味、目標と価値を見出せず<中略>心と魂、いわば全人が患っている状態を意味する」という。  私の父が繰り返していた「もう駄目だ、何がなんだかわからない」とは、まさにこの痛みを表現した魂の言葉だったのだろう。  わたしが本書を読み終えるとほぼ同時に父は亡くなった。父の言葉にこめられた魂の叫びに気づくのが遅かったことを後悔している トヨタ イプサム 20系 17インチ アルミホイール・タイヤセット 一台分(4本セット) LEONIS WX HSMC/GOODYEAR 215/50R17 イプサム 17インチアルミホイール・タイヤセット 215/50R17 17×7.0J 42。  更に本書を読み終えて、現代の医療・宗教のあり方について考えている。入院治療していた父は、身体的痛みのコントロールはされていただろう。しかし医師や看護師たちの「スピリチュアルな痛み」への配慮は皆無だったと感じている。

。  本書では「スピリチュアルな痛み」は、「精神的な病と心と魂の病は同様ではなく、その原因は異なっている」と述べる。その上で“心と魂の病にはスピリチュアルケア”の専門的な教育を受けた者がその職責にあたるべきだとしている。  医療技術の進歩で身体的痛みはコントロールできるようになり、精神的な痛みには精神科医がいる。しかし現在「スピリチュアルな痛み」を癒す専門家には限られた人しかめぐり合えないのではないだろうか。  医療界・宗教界は「スピリチュアルな痛み」への理解を深め、積極的にそれぞれの役割を果たすべく真剣に取り組んで欲しい。超高齢社会を迎える前に・・・。本書は、父が健康不安を訴え始める前に読みたかった1冊である。 (インターネット新聞JanJan掲載)

日付: 2009年09月28日

戻る

私の思い(1件)

キッペス先生の横顔に希望を感じます。
それはイエズスが与える平和だから。

この新著のp.235に登場している40代から14年間寝たきりの女性、Mさんが9月9日に穏やかに旅立たれました。

彼女の支えになったのは・・・
5年間も同じ病院にいられ、親切な看護師さんから優しい看護を受けられたこと、雨の日も風の日も、必ず訪問してくれたSさんのこと、祈りの友たち・・・そして決して失われることのなかった信仰。

彼女に与えた試練の人生の意味は分からないけど、彼女に寄せられた関わりが愛を引き出すものだったこと、どんなことがあっても「怖れずに生き抜くこと」を指し示してくださいました RAYS VolkRacing G2 プログレッシブモデル 8J&9J-18 とFEDERAL 595RS-R 225/40&255/35R18の4本セット。イエズスに感謝。


M.R(2009年09月10日 10:45)

{yahoojp}jpprem01-zenjp40-wl-zd-41510